28−10 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 外用薬や注射薬は、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある

b 文章通り
「カフェインを含む総合感冒薬とコーヒーを一緒に服用すると、カフェインの過剰摂取となるものもある。」
食品中と医薬品中に同じ成分が含まれる場合には注意が必要である。

c 酒類(アルコール)をよく摂取する者では肝臓の代謝機能が亢進していることが多いので、医薬品の代謝に影響を与えることがある。
アルコールは主として肝臓で代謝される。
そのためアルコールを頻繁に摂取している者では肝臓の代謝機能が亢進していることがある。
するとアセトアミノフェンなどは通常よりも代謝されやすくなる。
結果として体内から医薬品がはやく消失してまい、十分な薬効が得られなくなることがある。

d 文章通り
「生薬成分が含まれた食品(ハーブ等)を合わせて摂取すると、生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。」

タイトルとURLをコピーしました