27-2 医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

27-2 医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 単回投与であっても、治療量を超えた量を投与した場合、毒性が発現するおそれがある。
b 胎児毒性が生じるのは、多量投与の場合のみである。
c 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
d 少量の投与であれば、長期投与されても慢性的な毒性は発現しない。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました