27−9 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
「医薬品の副作用で口渇を生じることがあり、誤嚥(食べ物等が誤って気管に入り込むこと)を誘発しやすくなるので注意が必要である。 」
食事中に嚥下を行うときには、噛み砕いた食物と唾液を口腔内で混ぜ合わせ食塊にしてから飲み込む。
口渇を生じ、唾液量が少なくなっているとこれが円滑に行われずに誤嚥が引き起こされることがある。

b 文章通り
「高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状が悪化したり、治療の妨げとなる場合がある。 」
そのため、一般用医薬品を使用する際には医師や薬剤師に相談する必要がある。

c 医薬品の使用上の注意等において「高齢者」という場合には、おおよその目安として65歳以上を指す。

d 一般に高齢者は生理機能が衰えつつあるため、副作用を生じるリスクは若年時より高くなる
特に肝臓や腎臓などの医薬品の代謝に関連する器官の機能が低下している場合は副作用が生じやすい。

タイトルとURLをコピーしました