27−7 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬では、成分や作用が重複することが多くこれらの薬効群に属する医薬品の併用は避ける必要がある
同様の作用をもつ成分が重複すると。作用が強く出過ぎたり、副作用を起こしたりする危険性が増すことがあり注意が必要。
かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬等では、成分や作用が重複することが多い。

b 文章通り
「いわゆる健康食品を含む特定の食品と一緒に医薬品を摂取した場合に、医薬品の作用が増強したり、減弱したりすることを相互作用という。 」
作用が増強すると作用が強く出過ぎたり副作用が起きやすくなったりし、作用が減弱すると十分な効果が得られないなどの不都合が生じる。

c 文章通り
「複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用される場合が多く、 医薬品同士の相互作用に関して特に注意が必要となる。 」

d 外用薬や注射薬でも、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある

タイトルとURLをコピーしました