27−6 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 一般用医薬品は、一般の生活者が自らの判断で使用するものだが、その適正な使用を図っていく上で、販売等に従事する専門家の関与が重要となる
副作用の兆候が現れたときには、医薬品の使用を中止することが基本とされている。
一般医薬品の使用を中止することで生じる不利益よりも、重大な副作用を回避することが重視される。

b 一般用医薬品には、習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがある
薬物依存とは、薬物によって引き起こされる精神的作用を体験するために、その薬物の連続的・周期的に摂取したいという欲求を伴う精神的・身体的な状態。

c 文章通り
「選択された医薬品が適切ではなく、症状が改善しないまま使用し続けている場合、 適切な治療の機会を失うことにもつながりやすい。 」

d 文章通り
「医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるよう、使用する量や使い方が定められている。」

タイトルとURLをコピーしました