27−4 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
「免疫は、細菌やウイルスなどが人体に取り込まれたとき、人体を防御するために生じる反応である。 」
しかし、免疫機構が過敏に反応することにより、好ましくない反応が生じることがある。

b アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンという。
アレルギーとは、細菌やウイルスを排除する免疫機構が働いたことにより、炎症に伴う疼痛や発熱がによる過剰な刺激が生じること。
引き起こされた炎症自体が過度の苦痛を与えることがある。
このような全身性の症状をアレルギー症状という。

c 文章通り
「普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品によりアレルギーを生じることがある。 」

d 文章通り
「医薬品では、その有効成分だけでなく、添加物もアレルギーを引き起こす原因物質となり得る。」

アレルゲンとなり得る医薬品の添加物は

  • 黄色4号(タートラジン)
  • カゼイン
  • 亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウム、ピロ硫酸カリウム等) など
タイトルとURLをコピーしました