27−3 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り
「副作用は、薬理作用によるものとアレルギー(過敏反応)に大別される。 」

b 副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりでなく、血液や内臓機能への影響などのように直ちに明らかな自覚症状として現れないこともある
継続して使用する場合には、明らかな副作用がなくとも、医療機関の受診を促すことが重要である。

c 文章通り
「複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して薬効をもたらす一方、別の疾病に対して症状を悪化させたり、治療が妨げられたりすることもある。 」

d 副作用は、日常生活に支障を来す程度の健康被害を生じるもののほか、眠気や口渇等の比較的よく見られるものも、副作用に含まれる

タイトルとURLをコピーしました