27−2 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
「単回投与であっても、治療量を超えた量を投与した場合、毒性が発現するおそれがある。」
また、少量の投与でも長期間投与により慢性的な毒性が発言する場合もある。
さらに、少量投与でも発がん作用、胎児毒性、組織や臓器の機能不全が生じる場合もある。

b 胎児毒性が生じるのは、多量投与の場合のみでなく、少量投与の場合も生じる危険性がある

c 文章通り
「医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。 」

d 少量の投与であっても、長期投与で慢性的な毒性が発現するおそれがある

タイトルとURLをコピーしました