27−1 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 一般用医薬品の人体に及ぼす作用は全て解明されていない
医薬品の使用により起こる好ましくない反応を副作用という。

b 文章通り
「医薬品は期待される有益な効果(薬効)のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応(副作用)を生じる場合もある。 」
人体に対して使用されない医薬品(殺虫剤など)や検査薬であっても人の健康に影響を与えるおそれがあるものもある。

c 文章通り

「医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっている。 」
見直しにより、販売時の取り扱い、製品の成分分量、効能効果、用法用量、使用上の注意等が変更された場合には、添付文書や製品表示の記載に反映される。
これは定期的に行われるものではなく、随時行われる。

d 一般用医薬品は、医療用医薬品と比較して、保健衛生上のリスクは相対的に低いと考えられている。

タイトルとURLをコピーしました