27−18 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
「生物由来の医薬品等によるヒト免疫不全ウイルス(HIV)やクロイツフェル ト・ヤコブ病(CJD)の感染被害が多発したことから、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による生物由来製品による感染等被害救済制度の創設等がなされた。 」
2002年の薬事法の改正により生物由来医薬品等の安全対策の強化を行い、CJD患者の入院対策・在宅対策の充実やCJDの診断・治療法の研究開発、正しい知識の普及・啓発などの措置も講じられている。

b 文章通り
「HIV訴訟の和解を踏まえ、国は、HIV感染者に対する恒久対策のほか、医薬品の副作用等による健康被害の再発防止に向けた取り組みも進められ、承認審査体制の充実、製薬企業に対し従来の副作用報告に加えて感染症報告の義務づけを行っている。 」

c 文章通り
「サリドマイド事件をきっかけとして、世界保健機関(WHO)加盟国を中心に市販後の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。 」

d 過去の薬害の原因となった医薬品は、すべて医療用医薬品ではない

タイトルとURLをコピーしました