27−12 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましい効果のみでなく、不都合なもの(副作用)も含まれる

b 文章通り
「プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。」

c 文章通り
「医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化は、薬理作用によるもののほか、 プラセボ効果によるものも含まれる。 」

d プラセボ効果は、主観的および客観的に現れるものであり、客観的データとして現れることもあるが不確実なものであることに注意が必要である
つまり、初めからプラセボ効果を目的として医薬品が使用されるべきではない。

タイトルとURLをコピーしました