27−10 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り
「胎盤には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組み(血液-胎盤関門)があるが、母体が医薬品を使用した場合に、医薬品成分の胎児への移行がどの程度防御されるかは、未解明のことも多い。 」
胎児は胎盤を通して母体と繋がっており、胎盤から酸素や栄養を受け取り、母体は胎盤を通して胎児から老廃物を受け取る。
胎盤において母体血と胎児血は混ざり合わないようになっているが、母体が摂取した医薬品成分の胎児への移行がどの程度防御されるかは未解明のことも多い。

b 文章通り
「便秘薬の中には、配合成分やその用量によって流産や早産を誘発するおそれのあるものがある。」
便秘薬の種類や成分により子宮収縮が起こり、流産や早産を誘発するおそれのあるものがある。

c 文章通り
「一般用医薬品は、多くの場合、妊婦が使用した場合における安全性に関する評価が困難であるため、妊婦の使用については「相談すること」としているものが多い。 」

d 授乳婦が使用した医薬品の成分が乳汁中に移行することがある
乳幼児の摂取が好ましくない医薬品を授乳婦が摂取する場合には、授乳期間中は使用を避ける、または使用した場合はしばらく授乳を避けるといった対応が必要である。

タイトルとURLをコピーしました